お金借りる方法 最低返済額でのメリットとデメリットを比較

お金を借りるときに注意したいのが毎月の返済金額です。
実は消費者金融や銀行・信販会社では審査の時にこの点を重視しています。

 

収入と返済のバランスを常に考えないと最後には返済ができなくなってしまいます。
そればかりか、返済が滞るようになるといろいろな制約が付くようになるので注意が必要です。

 

そうならないためにも是非とも考えたいのが毎月の返済金額なのです。

 

最低返済額でお金借りる 考え方の基本とは?

お金借りる

お金を借りるときには最低返済額に近くなるほど毎月の返済額が低くなり気持ちも楽になります。

 

しかしその反面、返済までの期間が長くなり、多くのお金を金融機関に払うのでトータルで見ると払った金額が多くなります。

 

この最低返済額はそれぞれ金融機関によって決められていて返済回数も決まっています。

 

ある金融機関の場合

 

10万円の借り入れの場合

最低返済金額は4000円、回数は32回

30万円の借り入れの場合

最低返済額が11000円、回数が36回

 

※この返済額と返済回数は各金融機関によって違いますし返済方式も違います。

 

それでは毎月の返済金額によってどの程度、返済額に影響があるかシュミレーションしてみましょう。

 

借入金額30万円を17.8%で借りた場合

 

1ヵ月の返済金額 28000円の場合 

11回払い、支払総額は329160円

さらに安くするために15000円の場合

支払総額は358508円

さらに最低額金額では11000円の場合

36回払い、支払総額は387289円

 

11回払いと36回払いを比較すると58129円も余計に支払わなくてはなりません。

 

このように最低返済額は毎月の返済額が低くなることで楽になりますが、
反面長期化することで総支払額が多くなりトータルで見ると多くのお金を支払っていることになります。

 

最低返済額でお金借りる場合の賢い方法

お金借りる

お金借りる場合に毎月の支払額を低く抑えると、トータルで見ると多く支払ってしまうことで損をしてしまいます。

 

そこで借りる場合の考え方として、毎月の支払額を最低支払額としてではなく早く返済するようにすることを心がけることが大切なのです。

 

多くの金融機関で実施している支払方法として大別すると3種類の方法があります。

  • 一括払い
  • 定額の分割払い
  • スライドリボルビング払い
リボルビング払いには注意が必要

一括払いや分割払いは昔から採用されている支払方法ですが、リボルビング払いは混同しがちなので注意が必要です。
支払方法の差で大きな差が出てしまうのが一括や分割と比べてリボルビング払いです。

 

本来金利というものは借りた元本にかかります。
毎月の支払額が低くなればそれだけ支払額が多くなるのは予想が付きます。

 

安易な考えから毎月の支払額が安く済むリボ払いで長期の支払いになり、知らずに毎月の返済額が多くなってしまうのもリボ払いの怖さです。

 

リボ払いのメリットとは?

リボ払いの良さは収入の多い人が有利な支払方法といえます。
例えば50万円の買い物をリボ払いにすると、トータルで考えると非常に高い金利を取られます。
しかし3ヵ月後に一気に払っても余りある収入の人の場合は実質的に金利は3か月分ですんでしまいます。

 

このように家計が楽になる他にも買い物ができるという理由で最低保証額を利用すると、
気が付いたら借入限度額になっていたということになりかねません。

 

さらに注意したいのが消費者金融の金利は、一般の銀行よりも高く設定されています。
借り入れる場合は必ず自分の返済できるか計算してみることをお勧めします。

 

お金を借りるときに注意したいこと よく読んでください!

お金借りる

カードでキャッシングローンをするときに注意することがあります、それが融資の利用目的です。

 

通常お金を金融機関から借りる場合にそれぞれ目的に合ったローンを選びます。

  • 家を購入するときに使うローン・・・住宅ローンやマイホームローン
  • 車を購入するときに使うローン・・・自動車ローン、マイカーローン

などです。

 

その他にも使用用途が自由なフリーローンなどがありますがいくらフリーといっても、ある目的での融資は禁止されていますので注意が必要です。

 

事業資金目的での融資はできない!

「大学を卒業した!早速ベンチャー企業でも立ち上げて一旗揚げるぞ!」
こう意気込んで金融機関で融資を申し込んでもフリーローンでは審査が通らないどころか受け付けてもらえません。
もちろん消費者金融でも同じです。

 

融資の用途というのは借りるときの審査で必ず聞かれます。
「お客様のご希望している○○円は何のご使用目的ですか?」という具合です。

 

例えば「旅行に行く」「ブランドの購入のため」「デート費用」でもいいのですが、
事業用途となると審査の通過が難しい場合がありますのでくれぐれも注意することが必要です。

 

↓↓お金借りるならどこがいいのオススメ会社はコチラから↓↓

お金借りるならどこがいい

 

内緒でお金を借りる方法 WEB完結申し込みを利用するメリットとは

お金借りる 消費者金融はすぐにお金が必要な場合に即日で申し込んで審査を通過することでお金をすぐに融資してもらえる利便性の高い金融システムです。しかし、融資のスピードが速くても周りの人の目が気になる場合があります。無人契約機や店舗に行く所を目撃されしまう消費者金融というと無人契約機や店舗での申し込みがあります。人に見られたくない、内...

» 続きを読む

 

急な出費に慌てない!土日にお金を借りる4つの方法を紹介します

お金借りる 普段の生活で急にお金が必要になるときがあります。特に、土日などの休日銀行の営業時間が終了してしまった午後3時以降などは、新規に申し込みをする事ができないことがあります。そんな時に役に立つのがクレジットカードです。あらかじめクレジットカードを持っていればすぐにお金を借りることができます。クレジットカードの種類を知っておく...

» 続きを読む

 

平日15時過ぎでもお金借りる方法とは!自動契約機orATMどっちが便利?

お金借りる 平日時間的に15時以降でないと時間が取れない場合でもお金借りる方法があります。特に午前中急がしい主婦の方にもおすすめの方法です。平日でも15時までであればお金を借りる方法は多いのですが、15時以降ではお金を借りる方法として2つの方法があります。大手の消費者金融が設置している自動契約機を利用する方法コンビニエンスストアな...

» 続きを読む

 

カードレスでお金借りる方法 融資カードが無しで借り入れ可能?

お金借りる 消費者金融でお金借りる場合にネックになるのが、主に以下の2つでしょう。人の目が気になることお金を借りるときにタイムラグがあること特にお金借りる場合のタイムラグはすぐに利用できるわけではないので問題です。お金が必要になるときは急なことが多いです。そのためお金の余裕がない時の、突然の出費は時間的に余裕がない場合がほとんどで...

» 続きを読む

 

お金借りる方法 最低返済額でのメリットとデメリットを比較

お金借りる お金を借りるときに注意したいのが毎月の返済金額です。実は消費者金融や銀行・信販会社では審査の時にこの点を重視しています。収入と返済のバランスを常に考えないと最後には返済ができなくなってしまいます。そればかりか、返済が滞るようになるといろいろな制約が付くようになるので注意が必要です。そうならないためにも是非とも考えたいの...

» 続きを読む